×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ツーリング日記 03

-鋸山林道で野犬に出会う編-

しばらくDTXの更新ばかりしていてぜんぜんツーリングの更新を行っていなかったので、夏の間にたまった写真を使っていくことにする。
いや、暑いからって引きこもってないよ。あっちこっち行ってるんだよ。なるべく燃費を抑えながら・・・・
夏の鋸山林道さて今回はこのようなうっそうとした緑に覆われた鋸山林道を走ることに。
この道、東京都である。檜原村と奥多摩を結ぶ道で、青梅街道がいかに混んでいようとこちらは車の往来がほとんどないため、裏道として使うことができる。いや、まあ往来が少ないのにはそれなりに理由があるのだが・・・

林道とはいえ、全体が舗装路なので、ホーネットでも問題なく進むことができる。まあ、いまいちな舗装なので、四輪でくることはあんまりオススメしない。離合できないし。
今回は檜原村側からのぼり、神戸岩というちょっとした観光スポットで一旦停車する。

鋸山2手前には明かりがまったくない恐ろしいトンネルがあるぞ!奥多摩周遊道路みたいに、夜間通行止めになったりしないので、夜来るのがオススメだ!俺は来ないがな!

鋸山3 鋸山4
トンネルを抜けると沢があって、これがなかなか綺麗なところなんだ。外国人の観光客なんかがいたりするぞ!なかなかのマイナースポットにようこそ!外国人!
鋸山5神戸岩を後にし、イマイチな舗装にホーネットで難儀しながら進んでいくと、前方から動物の影が・・・そう、デカイ野犬が現れたのだ!
正直、あわてて写真は撮り忘れたが、ペット化された犬と違って野生の雰囲気バリバリの犬だった。しかも二頭。坂の上から降りてくる犬たちの間を、ホーネットで通過する。
俺は野犬をじろじろみて、野犬も俺をじろじろ見ている。APE100で一緒に来ていた弟もなかなかビビッていた。人間が絶滅したら、ペット化した犬は皆死に絶えるだろうが、こいつらだったら 大丈夫。生き抜いていくだろう。

野犬の危機を乗り越え、どんどん上っていくと、やがて鋸山林道の頂上・大ダワに到着する。なんなんだろう。大ダワって。IMEは一発変換してくれるが。
鋸山6 鋸山7写真に写っているサングラス男は、俺じゃなくて弟だ。大型免許もちだが今日はAPE100でのツーリング。レンタルバイク屋サンになぜAPE100なのかいぶかしがられてたぜ。
まあ金がないだけなんだが。
頂上には公衆トイレがあり、暗い穴が口をあけている。だが和田峠の頂上のトイレに比べればはるかに綺麗だぜ!他に車が二台いて、カップルが頂上からの林道を歩いていった。うむ。野犬には気をつけるが良い。
ここを下っていくと青梅街道と合流するわけだ。ナイス裏道。まあ大抵の場合はこちらのほうが時間がかかると思うがな!レンタルバイクの返却期限もあるので、さっさと降りることにする。
鋸山8再び道に戻り、今度はイマイチな舗装を下っていくことになる。所々大穴は開いているし、落ち葉が湿っていてオンのタイヤはずるっとすべる。なかなかデンジャラス。
写真だとタンクがてかてかしてて意外と綺麗に写っているが、足回りは真っ黒だ。ホーネット。チェーンルブを吹いてすぐに走ったのがそもそもいけない。やっぱり次はスーパーチェーンルブにしよう。
いつしか鋸山林道は終わりを告げ、青梅街道に合流する。いままで20km/hで走っていたのだが、50km/hで走れるようになって超快適。やっぱり整備された道はええのお。
われわれはそのまま、日曜日の奥多摩周遊道路に突入し、他のライダーさんたちになめられまくりながら再び檜原村へ。そして八王子へと帰っていくのだった・・・

メニュートップ画像

■TOURING

Valid XHTML 1.0 Transitional